結婚式を盛り上げるのも招待客の大きな役目!主役を立てる心づかいを

喜びを分かち合おう!

結婚式は、参加者全員が新郎新婦を祝い、喜びを分かち合いながら場をつくり上げていくものですよね。席についたら同じテーブルの人たちとあいさつを交わし、初対面の人ともなごやかな雰囲気をつくりましょう。新郎新婦の入場や退場、ケーキ入刀などの場面では、ふたりに惜しみない拍手を送り、宴を盛り上げます。たくさんの人が、ふたりにカメラを向けるクライマックスシーンでは、人前に割り込んだり押しのけたりせず、ゆずり合うことも大切ですよ。

結婚式の雰囲気をあたたかいものにしよう!

ちょっとした気持ちの余裕が、結婚式の雰囲気を、あたたかいものにするんですよね。また、媒酌人のあいさつや、主賓による祝辞をはじめとするスピーチの間は、私語を控えて耳を傾けながら、最初と最後に拍手を送るのがマナーですよ。途中、司会者からすすめられたときには食べながらでもかまいませんが、同じテーブルの人がスピーチするときには、食事の手を休めて聞くようにしましょう。戻ったときに、ひと言感想を伝えるようにすると喜ばれますよ。

みんなで宴を盛り上げよう!

決まった席のない立食形式の披露宴では、顔見知りの人と話をするだけでなく、周囲の人とも気軽にあいさつするように心がけましょう。このような席では、連れのいない人は気おくれしがちですから、積極的に声をかけて、場を盛り上げる心づかいが必要ですね。また、結婚式に招待された子どもが小さく、泣いたり騒いだりする心配がある場合には、子どもを預けて出席するほうが無難ですね。一緒に出席する場合は、あらかじめ出入り口に近い席を用意してもらい、子どもがぐずったら宴の雰囲気を壊さないよう、すぐに退席しましょう。

白金の結婚式場にはホテルもありますが、伝統的な日本庭園のある会場から白亜の大邸宅まで、オリジナルなゲストハウスウェディングができる会場が多いことが特徴です。

Comments are closed.