見落としがち?ブライダルフェアを訪れる際のポイント3つ

どんなブライダルにしたいか明確にしてから訪れる

ブライダルフェアに行くことに決めたら、まずはどんなことが自分たちにとって重要かを明らかにするようにしましょう。例えば、ゲストに提供する料理を重要視するなら、試食会が付いているフェアに、ウェディングドレスにこだわりたいなら試着のできるフェアを訪れることです。ブライダルフェアは色々な要素が盛り込まれているので、目的をはっきりさせていないと、目移りして終わってしまった、ということにもなりかねません。気になる事項があればリストアップしておくこともお勧めです。

ブライダルフェアはどんな服を着ていけばいい?

ブライダルフェアには、どんな格好で行けばよいか迷う方もいらっしゃいますよね。ですが、正装で参加しなければならないということは全くありません。ラフなスタイルで参加して大丈夫なんですよ。その際に、会場をあちこち見て歩いたり、ドレスを試着するケースもありますので、動きやすさと、脱いだり着たりするのが楽な服装で行くと良いでしょう。また、実際に式場などを見学する時には、後で検討を重ねることを踏まえて写真を撮っておくことが大切です。特に、気になる箇所は撮影しておくと失敗も少なくなりますよ。

フェアで開催されている内容だけで判断しないこと

一般的に、ブライダルフェアを開催している会場は、装花にも料理にもお金がかけられ、盛大な雰囲気になっていることが多い傾向にあります。本来、提供される料理の内容や装花などは、金額で差がつきやすいものです。気になる場合は「このくらいの予算ではどの程度の飾り付けができるか」といったことを担当者に確認しておいた方が無難です。また、シーズンによっては会場の雰囲気が変わることも考えられます。半年後に挙式する場合だと、夏に会場を決定しても、実際は冬に挙式することになりますので、挙式する月にはどんな雰囲気の会場になるかもチェックしておくと良いでしょう。

東京のブライダルフェアでは実際の式の雰囲気や料理などを楽しめるので、結婚を検討している場合には訪れてみると良いでしょう。

Comments are closed.