こんなものもあるの!?結婚式は様々な様式を選べる

神前式というものについて

結婚式にはさまざまなものがあり、日本的な結婚式に神前式というものがありますよ。これは巫女さんが新郎新婦を先導してくれるというもので、典儀という司会進行役の方が結婚式の始まりを宣言するというものになります。結婚式場として選べる場所は神社があり本格的に挙げたいというのであれば利用してみるといいでしょう。また、ホテルなどを使って式を挙げることもできるので、結婚式に出席する人数の合わせて選択するといいですよ。

教会式というものもある

教会式というものは読んで字のごとく教会で結婚式を挙げるというものであり、新婦の前で永遠の愛を誓うという形になりますよ。入場の方法も独特であり、先に新郎が教会に入り、その後に新婦が入場するという形になります。新婦はウェディングドレスに身を包み、新郎は白いドレススーツを着用するというのが基本であり、聖書の朗読や指輪か交換、誓いのキスなどをするのです。また、ブーケトスやライスシャワーの他、フラワシャワーなどをして二人を祝うということもします。

人前式という方法もある

結婚式は神仏の前で挙げるものですが、人前式は両親や親族の前で挙げるというスタイルになりますよ。これは俗に人前式とも呼ばれており、対応しているホテルや結婚式場もあります。このスタイルの特徴としては、宗教的なぶつかりがなく他宗教の参加が可能な式になるので、かなり融通の利く結婚式のスタイルになりますよ。ちなみに入場方法や指輪の交換などは基本的に自由であり、好きな様にカスタマイズすることが出来るというメリットがあるのです。

博多の結婚式場は数カ所ありますが、どれも高級感があり若い人にも人気があります。博多だと交通の便も良く来客の方も来やすいという事もプラスポイントになるようです。

Comments are closed.