• こんなものもあるの!?結婚式は様々な様式を選べる

    神前式というものについて 結婚式にはさまざまな

    learn more
  • 見落としがち?ブライダルフェアを訪れる際のポイント3つ

    どんなブライダルにしたいか明確にしてから訪れる

    learn more
  • どこにこだわりたい?思い出に残る披露宴にしよう

    披露宴は本人もゲストも楽しめる これまでに結婚

    learn more
  • かっこいい海外ウェディングがしたい!おすすめ3選

    やっぱり人気!ハワイ 憧れの海外ウェディングは

    learn more

結婚式の重要性についてちょっと考えてみました

家同士の結びつきが原点だったそうです

少なくとも、日本では家という考え方が強く、結婚という概念もあくまで家と家の結びつき、という風に考えられてきました。といっても、全国的に見ると、せいぜい江戸時代くらいからの考え方で、縄文時代や弥生時代にはそのような文化はまだなかったようです。戸籍という制度が確立されたことによって、すべての人が家に帰属し、統治機構も家を単位に管理するようになりました。その結果、結婚も個人と個人ではなく、あくまで家と家の結びつきの方が重要とされたのです。

戸籍制度はそうだけど、ちょっと違う?

現在は、戸籍制度はもちろん残っていますが、結婚に対する考え方が少し変わってきたように思われます。もちろん、今でも結婚式場には何々家と何々家という表示が出されます。したがって、形式上も実質上も家同士の結婚式であることは間違いありません。しかし、そこに至るプロセスや、その後の実際の生活を見ると、必ずしも以前のように家と家が結びついているとは思えないのではないでしょうか。むしろ、結婚式の時だけ、声高に家と家の結びつき、と主張しているような気がしてなりません。しかし、これが重要なポイントなのです。

だから、家と家がハッピーなのが一番いいです

結婚式の際に、新郎と新婦が永遠の愛を誓い、お互いの家が親戚になるというのが現在の日本の婚姻スタイルです。法的には個人と個人の関係だと定められていますが、結婚式に際しては、家と家の関係が大きくクローズアップされていることに変わりはありません。昔のように、同じ村の中で相手を選ぶという時代ではなくなり、北海道の人と沖縄の人が結婚したり、日本の女性がアメリカの男性と結婚することも決して珍しいことではなくなりました。そんなときでも、お互いの家のことを考えながら素敵な結婚式を挙げることができたら一番素敵ですよね。

代官山の結婚式場は素敵な式場となっており、綺麗な空間の中で挙式を挙げる事が出来ますので、現在では人気です。

結婚式のマナー!あなたはどこまでしっている?

結婚式での服装のマナーは!

最近では結婚式場でよく見かけるのが カジュアルかつフォーマルな服装をされている方が多いですね。昔と比べるとラフになってきているように思います。しかし、基本的な最低限のマナーは守らなくてはなりません。まず、ストッキングです。たまに生足で参列されている方がいますが、ストッキングは履きましょう。恥をかいてしまいます。そして、髪型です。あまり派手にしすぎない事が大事です。花嫁が主役というのを頭においてほいた方がいいです。

テーブルマナーは大丈夫ですか?

結婚式場ではもちろんの事お料理が出ます。箸も置いてありますが、基本はナイフとフォークを使います。日本人なので箸を使いたいところですが、和食のお料理の時だけ箸は使った方がいいです。そして、ナイフとフォークは外側から使っていきます。このナイフとフォークのマナーさえ分かっていれば問題ないです。それから一番大事なのは、残さない事です。良い年になって食べ物を残すとみっともないですよね。テーブルマナーがよく分からない方はネットで事前に調べると良いと思いますよ。

お祝儀のマナーは覚えておきましょう!

結婚式に参列する時にはみなさん必ず持参されるのが、お祝儀ですね。このお祝儀のマナーはきちんと守れていますか?まず金額ですが、お祝儀の金額は招待してくれた相手との関係性にもよります。特に親しくお付き合いしていれば金額は多く入れておいた方がいいですね。その方が無難ですし、これから先の関係も良くなっていきます。それからお祝儀の入れ方です。お金の入れ方にはちゃんと向きがあるんですよ。分からない方はお祝儀を購入した時に入っていた袋に説明が書いてあるので見ておくと良いと思います。

結婚式を派手に行うということで有名な名古屋の結婚式場ではお菓子撒きなどさまざまイベントを用意しています。

意外と知らない!?結婚指輪と婚約指輪の違い

合計3つの指輪が必要

プロポーズをして、婚約期間を経て、晴れて結婚式を挙げるまでに、合計すると3つの指輪が必要になってきます。プロポーズをするときに男性から女性に贈られるもの、これが婚約指輪ですね。婚約指輪は基本的に婚約中しか付けておかないもので、結婚式後に夫婦2人が常に付けておくのが結婚指輪なんですね。婚約指輪は女性に贈る1本、結婚指輪は夫婦が付けるべき2本、したがって結婚をすると合計3本の指輪が必要になってくるということです。

婚約指輪ってどんなもの

男性が女性にプロポーズをするときに贈る婚約指輪というのは、女性にとっての大きな憧れになっているものですね。もちろん、その贈り方は多岐にわたり、男性が女性に内緒で購入して、サプライズで渡す場合もありますし、またカップルが2人で一緒に選ぶというケースもあったりします。婚約指輪で定番なのはダイヤモンドがついているものです。ダイヤモンドはその美しい輝きから、永遠の愛を象徴するものとして婚約指輪の付ける宝石の中でも特に重宝されるものです。

結婚指輪はシンプルなものが人気

婚約指輪が宝石をあしらっていたりなど、豪華で目立つタイプのものが人気である一方、結婚指輪はよりシンプルなデザインが好まれる傾向にあります。基本的に婚約中につける婚約指輪と違って、結婚指輪は結婚を続ける限りずっとつけておくべきものです。なので、あまり派手なデザインのものになると、付けていて違和感があったり、仕事や家事の邪魔になってしまうものです。なので結婚指輪はつけていてより違和感の少ない落ち着いたデザインが好まれるんですね。

エンゲージリングは、婚約の印として送られる指輪のことです。男性から女性に送るのが一般的で、結納の際やプロポーズの際に渡されます。

今どきの夫婦はどんな結婚式を望んでいるの?

教会での結婚式はやっぱり憧れの的

生涯の一大イベントともいえる結婚式ですが、夫婦間の考え方でどのような結婚式を挙げたいかということも変わってきています。しかし、やはり多くの夫婦からの支持を集めているのは、教会での結婚式でしょう。テレビなどでも放送されることがありますが、結婚式の演出などにも、こだわりがある式場が多く、想い出づくりとしては最適なのではないでしょうか。費用はそれなりに必要になってしまうのですが、両家のご両親が費用を出し合ってくれることも多く、また、夫婦間でもこだわりの演出に費用を惜しまないことが少なくないようですよ。

身内だけでささやかに祝ってもらうことも

結婚式というと、多くの方を招待して盛大にするイメージがありますが、中には身内や本当に親しい人のみを招いた小規模での結婚式を望まれる方も少なくないようです。大規模な式なると、当然準備なども大掛かりになってきますから、それが面倒だという方もいるのでしょう。費用面でも、かなりリーズナブルな金額になっていることが多いので、金銭的なトラブルを抱えにくいというメリットもあるでしょ。また、小規模の結婚式は、2人の関係をよく知っている方での式になりますから、それだけ密度の濃い時間が流れる結婚式になるという考え方もあるかもしれませんね。

専門学校で結婚式を挙げる?

結婚式の中には特殊なものもいくつか存在しており、その1つに専門学校で開催する結婚式があります。これは、将来的に式場などのスタッフとして演出などを志望している学生によって執り行われる結婚式で、学生が試行錯誤の末に導き出した演出が目白押しです。学生ならではの視点から夫婦を盛り上げてくれる上に、学生の実習の一環ということで、結婚式の費用がほとんど必要ないというメリットもあります。もちろん、学生といっても、しっかりと技術を習得した学生が式を担当するので、プロさながらの演出で出迎えてくれることでしょう。それを、ほぼ無料で行えるということで、徐々に人気が出てきているようですよ。

ドレスに合わせて結婚式ティアラで豪華にしたい場合には取り扱いの専門店で最適なものを探してみると良いです。

絶対後悔したくない!結婚指輪を選ぶポイント

指輪を検討する時期は?

一生身につける結婚指輪だからこそ、ちゃんとしたものを選びたいですよね?結婚指輪を選ぶのには時間がかかります。注文してから出来上がるまでに平均1ヶ月前後かかります。セミオーダー、フルオーダーの場合はさらに時間がかかるため早めに検討し始めるのがポイントです。来店する際は休日だと混んでいて十分な案内が受けられないこともあるので、予約をしておくのがオススメです。男性は知らない人も多いですが、店頭に並んでいる指輪はサンプルなので持って帰ることができません。そのため時間がかかることは覚えておきましょう。

選ぶポイントはコレ!

一生身につける指輪だから経年劣化やサイズ直しをすることもありますよね。それを考慮すると、2mm以上の厚みのものを選ぶのがオススメです。また、指輪の厚みによって印象も変わってきます。一般的な幅は3mmですが、指の細い女性や上品な印象がいいという人は2.5mmの幅のものでもいいかもしれませんね。存在感やボリューム感を出したい人は3.5mmや4mm以上のものがオススメです。指輪の製法も選ぶポイントです。デザイン性を重視するなら鋳造製法、耐久性を重視するなら鍛造製法が適していますが、それぞれにメリット・デメリットがあるので、何を重視するかで決めるのが良いでしょう。

アフターケアのポイント

指輪を購入した後も、サイズ直しやゆがみ直し、経年劣化などいろいろ直さなければいけないところがでてきますよね。そのため、保証期間を確認することは重要です。また、素材によってサイズ直しができるものとできないものがあります。購入時に確認しておきましょう。その他、メッキ加工や傷磨き、ゆがみ直しなど職人の手がかかるため、有料で修理に時間がかかることもあります。いかがでしたか?一生身につける結婚指輪だからこそ、購入後のことも考えながら納得のいくものを選びたいですね。

マリッジリングのデザインにはシンプルでスタンダードなデザインのストレートやS字を描くようにカーブした流れるようなウェーブがあります。